フライパン選びに迷ったらタフコ社のフライパン

今日はフライパンのお話です。
フライパンを買う時、どのように選んでいますか?

私は今まで安いフライパンを買ってフッ素加工が剥がれてきたら、また安い物を買っていました。
「フライパンは消耗品」だからと思って安い物を使い回していたです。
そう言う方は結構多いと思います。

ですが、新潟県三条市の株式会社タフコのフライパンに出会ってからは、このメーカーの商品を選ぶようになりました。

タフコ社のフライパンは韓国製です。

一般的に低価格帯のフライパンは中国製です。
韓国製のフライパンは中国製のものと比べて価格が少し高めですが品質がグッと上がります。

中でもタフコ社のフライパンは価格と表面のコーティング性能のバランスがとても良いです。
また、とても軽量でサッと取り出してサッと使えるので、普段使いに最適です。

タフコ社のフライパンもフッ素加工なので、永遠と使い続けられるものではありませんが、いつも安いフライパンを使いまわしている方は、ぜひ一度試していただきたいです。

今使っているフライパン、そろそろ買い替え時だなと思ったら参考にしてみください。

タフコ社フライパンはいくつかシリーズがありますが、私のオススメはこちらです。
使っている熱源が、ガスコンロかIH機器によって異なります。


ガスコンロ(ガス火)専用

軽量 ダイヤモンドマーブル ALキャスト

IH機器対応

軽量 ダイヤモンドマーブル IHキャスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました